先輩社員の声

Voice

副店長の声

宮内副店長
MIYAUCHI
2016年4月入社
旬鮮酒場「天狗」副店長
いつでも成長にどん欲にありたい

飲食業界は、お客様から直接感謝の言葉を伝えていただけます。この感動は毎日ありますし、その瞬間に「誰かの役に立つことができた」と実感できます。現在は副店長として接客、調理、仕込み、発注業務といった全てのポジションを行いながら、後輩社員やアルバイトへの指示だし等を行いつつ、店長のサポートとして店舗経営にも携わっています。

副店長として意識していることはありますか?

チームワークを大切にした店作りを意識しています。その中でも一番は、スタッフが楽しんで仕事ができること。特にアルバイトとは年齢も近いので良いお兄さんでありたいです。アルバイトと店長との間のパイプ役として双方から信頼される存在でいられるよう心掛けています。一人ひとりに合った「良い距離感」を保てるよう、日々模索中です。

入社当時は右も左もわからなかったので、言われたことをただやるしかない、という状況でした。リーダーシップを取ることも苦手だったため、自分が副店長として人をまとめる日が来るなんて想像できませんでした。今は、アルバイトや後輩社員達の上司としてきちんと立てていることが自信になっています。


テンアライドへ入社する前に不安はありましたか?

自分の不安というよりも周りからの不安が大きかったです。「その会社で良いの?」という声が家族や友人からありました。それは飲食業界のイメージとして、休みが少ないことや長時間労働といった、悪いイメージが先行していたためだと思います。

しかし、就職活動の際に私自身が「自分がやりたいこと」を軸にして決めた道だったので揺らぐことはなかったです。唯一不安だった労働環境に関しても、入社前にしっかり説明してもらえました。福利厚生が「本当に居酒屋なの?」と驚くくらい充実していたこともありますが、何よりも「真っ直ぐに人を見てくれる会社」だと感じたことが入社の決め手です。

今後の目標を教えてください

店舗の目標は、店舗全体で一体感のある店づくりをし、接客や商品の質を向上させてファン(リピーター)を増やすことですね。個人の目標だと一国一城の主である「店長への昇進」で、将来的には自分でお店を持つことです。そのためには今よりもさらに勉強しなければいけませんし、経験も増やしていきたいと思います。社会人になってからの方が大学生の頃よりも勉強しているかもしれません。毎日が学びの連続です。上司が”努力”を見てくれる方なので、自分も同じように部下をサポートし、目標とされるような人物を目指したいです。

Schedule

1日の流れ

14:30
出社
社内メール・通達の確認・事務作業
14:45
お店オープン準備
検品・格納・仕込み
16:00
お店オープン
営業開始・接客・調理・お客様対応・従業員教育
23:30
お店クローズ
営業終了・レジ締め・アルコール発注・食材発注・翌日の指示書作成し退社
Message

先輩社員からのメッセージ

テンアライドは、「従業員を大切にしてくれる会社」

まずは、様々な業界・企業を知っていただき、自分の軸を大切にして、進むべき道を決めてほしいです。テンアライドは、「従業員を大切にしてくれる会社」だと思います。この信念をきちんと会社として実践していますし、今は自信のない人でもテンアライドであればきっと飲食業界の楽しさを肌で感じることができます。